ウォーターサーバーの種類って?古典的なものも使ってみよう


最新式と古典的なウォーターサーバーの違い

ウォーターサーバーというと最新式の温度調節機能のある高機能なサーバーをイメージする人が多いでしょう。レンタル業者のサービスとして提供されていて、毎月ボトル入りの水を購入して交換することによって使うのが特徴です。水の種類も業者ごとにこだわりを持っているのも特色で、おいしい水や安全な水を飲める点でも魅力と考えられています。利用する家庭も増えてきているので、このような最新式のウォーターサーバーの知名度も高くなりました。

しかし、ウォーターサーバーには古典的なものもあるのを知っているでしょうか。日本ではあまり馴染みがないですが、海外では昔からガラス製のウォーターサーバーがよく用いられています。温調機能などはなくてただ栓をひねったり、バーを下げたりするだけで水を出せるようになっているのが特徴です。ジュースなどのサーバーにも使用されているもので、好きな飲み物をサーバーの中に入れて使う仕組みになっています。

パーティーシーンでは両方とも使おう

古典的なウォーターサーバーは日本でもパーティーシーンでは用いられています。ただの水を入れてあるよりも中にレモンなどを浮かべてあった方が高級感もあり、飾りとしても機能することからパーティー会場では古典的なウォーターサーバーを使うのも魅力的でしょう。ただ、最新式のウォーターサーバーも電源さえ確保することができればパーティーシーンでも活躍します。安全でおいしいということが知られるようになったので、むしろ魅力として捉えてもらうことができるでしょう。

ウォーターサーバーを利用する際は、水の送料をチェックすることも大切です。最低注文数があったり、地域によって送料が異なったり、金額は大きくなくても使い勝手に影響するので、よく確認することが欠かせません。